スポンサーサイト

スポンサー広告

小さな唇 の紹介DEATH!

ラブストーリー映画
「どうして誕生日が分かったの?」「君の瞳に書いてあった」~あらすじ~第一次大戦から5年が経過したドイツの保養地に戦傷で性的不能となった作家が帰って来る。彼はそこで驚くべき美少女と出会い、まだ幼い彼女にのめりこんで行く。どのような映画であっても。分け隔てなく接せなくてはなりマセン。たとえば、多くの人が嫌悪感を抱く作品に対して。「評価しづらいデス」などと、お茶を濁していては。それはまったくフェアではあ...

トリコロール/青の愛 の紹介DEATH!

ラブストーリー映画
「なぜ、泣くの?」「奥様の代わりに……」~あらすじ~高名な作曲家の夫と幼い娘を交通事故で一度に亡くし、自らも重傷を負ったジュリーは退院後、郊外の家と家財道具一式、さらには夫が遺した未完の楽譜も処分してしまう。 ある夜ジュリーは、亡夫の同僚で、彼女に想いを寄せていたオリヴィエを呼び出し、一夜だけ愛し合った後、パリへと去る。久々の一人暮らしの中で出会う、様々な人間模様。しかし静かな日々の中でも、夫が未完...

ベティ・ブルー の紹介DEATH!

ラブストーリー映画
人生はむなしい。写真しか残らない。~あらすじ~海辺のコテージで一人暮らしをする中年男性のゾルグ(アングラード)。彼は家主から言いつけられた雑用の仕事で生計を立てていた。ある日、彼はセクシーでキュート、自由奔放な少女ベティ(ダル)と出会う。彼女はウエイトレスをしていたのだが、店のオーナーに嫌気が差して、ゾルグのコテージに転がり込む。激しく惹かれあうふたりは、セックスに耽る毎日を過ごした。ある日、遅く...

ゴースト/ニューヨークの幻 の評価wwwwwwwwww

ラブストーリー映画
明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない。愛って。それはもしかしたら、脳を駆け巡る神経パルスの収束で。単なる科学的な現象で。そこに尊ぶものなんて本当は何もないのかもしれない。でも。やっぱりさ、それは特別なものなんじゃないかなと私は思う。例え、言葉でそれが説明できたとしても。例え、いつか科学がそれを解き明かすことになったとしても。私はどうしようもなく感じるんだ。“愛おしい”と。「天使にラ...

TITANIC の評価wwwwwwwwwwwwww

ラブストーリー映画
切符が手に入ったことは、ぼくの人生で最良のことだった。その切符があったから、きみに会えた実際に起こった事件を題材にした映画。今の人たち、知らない人もいるのかな。あの絶望感とか。あのおばあさんの切ない想いとか。映画ランキングへ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。