スポンサーサイト

スポンサー広告

シグルイ の紹介DEATH!

格闘漫画
隻腕の剣士の刃は 骨を断つことが出来るのか?盲目の剣士の刃は 相手に触れることが出来るのか?出来る 出来るのだ~あらすじ~本作は、南條範夫の時代小説『駿河城御前試合』の第一話「無明逆流れ」を中心に展開されているが、山口貴由による奔放な脚色がなされており(例:岩本虎眼の指が1本多かったり、曖昧な状態に陥っていたり、伊良子の復讐が大幅に改変されていたりするなど)、ほとんど別物に近い作品となっている(「無明...

喧嘩商売 の評価wwwwwwwwwwwwww

格闘漫画
今現在 最強の格闘技は決まっていない●うわあああ書店で喧嘩がメインの作品だと思って買って、凄く後悔。下ネタ耐性はそこそこあるつもりでしたが、あまりにも下品過ぎて気分が悪くなってしまいました。喧嘩のパートは結構面白いのに……。完成度が低いという訳ではないので、下ネタが面白いと感じられれば、超傑作とは言わないまでも、十分楽しめると思います。とりあえず1巻だけ読んで、いけると思えば続きを買いましょう。合わな...

空手小公子 小日向海流 の評価wwwwwwwwww

格闘漫画
どうせ遠回りするならおもいっきり遠回りしてみぃ、 案外それが近道になるかもしれんで。●ここまで読み続けたファンを裏切る締め括り概ね他のレビュアーと同じ感想です。・成長した海流と、今まで目標としてきたトップファイター達との対戦・もともと強かったが、修行から帰ってきて更に強くなったはずの武藤のガチ試合・講壇会館と神威の対立の行く末他にもあると思いますが、ファンが見たかったあらゆることをスッポ抜かして無理...

刃牙シリーズ の評価wwwwwwwwwwww

格闘漫画
強くなりたくば喰らえ!!!私がこの世で一番好きな漫画……でした。範馬刃牙の最終回までは。  漫画ランキングへ...

あしたのジョー の評価wwwwwwww

格闘漫画
やや内角をねらい えぐりこむように打つべし●これは戦後最大の傑作だ。作品は古い。しかし新しい。感動の大巨編である。殺し屋・死神とまで言われた矢吹だが、彼ほど人間的な主人公がかつていただろうか。人間としての落ち込み具合が凄まじく、絶妙な泥臭さが滲み出ている。漫画界の堕落論である。力石を死に至らしめたテンプルへの一撃、これにより矢吹は顔面への攻撃を無意識に避けてしまう。意図的に顔面攻撃するが、度重なる...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。