スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医龍 の評価wwwwwwwwww

医療マンガ
俺が執刀する。それ以上の保障が?




 世間では、「ブラックジャックによろしく」がドラマ化され、注目を浴びているが、
本当に、医師たるものの成長・理想を具現化しているのは、本書の方である。
犯人を捕まえられず、悔しがる刑事ドラマがないごとく、
理想に忠実な朝田先生の方が実感がある。
大学医療の腐敗を描くにしても、ネガティブにとらえて、変えられないとあきらめるより、
変えていけばよいとする信念がすっきりしている。
 自分に向上心すらあれば、決して現状に不満を漏らすより、研修医の伊集院先生の
ように良いところを吸収していくことは可能である。
 私も研修医時代に循環器内科医として、例年ならば一年目には、心臓カテーテルの
検査実施医師とならない慣例だが、上司の許可をとるためアルバイト先までついて行き、
その病院で手順の学習を積み、1年目から検査担当することができた。

(Amazonレビューより)



批判する余地がない。

伊集院先生の葛藤しながらも、ひたすらに邁進する医師としての可能性。

天才朝田の圧倒的なカリスマと、しがらみに囚われない孤高の感性。

そして、この漫画はありがちな「ドラマチックな手術室内」を描いたものではない。

むしろドラマが渦巻くのは、手術室の外。

さまざまな権力者が奪い合う主権。

そのドロドロとした混沌の世界で。

唯一何者にも侵されない聖域が、チームバチスタの手術室。

その対比が、本当に芸術的で。

ああ、美しい。




漫画ランキング
ラグナロク の評価wwwwwwwwwww | Home | トライピース の評価wwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。