スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士沢レシーブ の評価wwwwwwwww

ギャグ
その次は腕……!
次は足……!






「平和ってステキだよ ホントに…! オレ絶対守ってみせるよ!この平和! だからもう…早く乱れろよ平和…!」
そんな主人公のつぶやきからはじまるこの物語。
いったい何言ってんの平和を守るのがヒーローでしょ乱れちゃだめじゃないの云々と、そういうことを言う前に、考えてみよう、ここまでヒーローの戦いの本質に踏み込んだ一言があっただろうか。
平和のために戦うヒーロー。
そりゃ平和はステキだ。でも、その平和が乱れなければ、ヒーローはヒーローではない、ただの人。

日本型ヒーローというのは、正義という漠然とした目的を掲げて何十年も戦うアメリカンヒーローなどとは異なり、何かことがおきてから、ようやくそれに対処する形で彼等の戦いがはじまる。逆に何もおこらなければ、彼らのヒーローとしての存在価値はない。

ゆえに、ヒーローがヒーローであるために、彼らは常に平和と平和乱れろの間での葛藤を続けなければならない。当面の敵さえ倒せばそれでおしまいの日本型ヒーローの戦いは永遠ではないが、彼等が存在し、ヒーローであろうとする限り、平和/平和乱れろの二律背反は永遠だ。
その本質を言い表した冒頭の一言。ヒーローの名台詞は数多くあるが、ヒーローとしてこれ以上の名言はありえないだろう。
他のうすた作品同様、この作品においてもうすた京介の天才的ギャグセンスが光っていることは言うまでもないが、その根底にはうすた自身のヒーローに対する造詣の深さと、ヒーローに対する真摯な態度があることは間違いない。

(Amazonレビューより)




最終回の仕上がりが異質すぎる。

この人だけは、マジで天才。



 
漫画ランキング
銀魂 の評価wwwwwwwwwww | Home | 卍【オワタ式ゼルダ】剣盾禁止実況 の評価wwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。