スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー の評価wwwwwwwwwwwwww

アニメ
黙るか、静かにするか、沈黙するか、好きなのを選んで




既にアニメの放送が終了しているという事もあり、
Vol.1 単体ではなく全体の感想でネタバレを含むのでご注意ください。

話数の少なさ故か、前半と後半のちぐはぐさは残念ですが、
恋愛ゲーム(やそれを原作とするアニメ)などでは
フェードアウトするのが一般的な、
主人公と結ばれなかった側をじっくり描いていたのが良かったです。

「困難にあってこそ、その人の価値が分かる」と言いますが、
自分の恋心と失恋に正面から向き合った上で、
それを消化した紗凪と、彼女を支えた愛理はとても魅力的でした。

行動や言葉の端々に好意が滲みでてしまう紗凪はいじらしく、
ブランコで、届かない願いとして携帯電話での会話を夢想する様子は、
画面に入って新吾に説教したくなるくらい、せつないものでした。

「この赤い髪の子を泣かせない為にはどうすりゃいいんだよ? なに、PSP 用のゲーム? ああ、買えばいいんだろ買えば」
と思った人は、一人や二人では無いでしょう。

これが、マルチエンド式のゲームという原作(他でのフォロー)が無い作品であれば、
上記の描写で魅力的に描かれた紗凪に対し、
肝心のみう先輩の魅力の描写が微妙という最大級の難点がありますが、
様々なコンテンツを含めての「ましろ色シンフォニー」として考えると、
1クールで話をまとめる上での、ひとつの方向性だなと思いました。

(Amazonレビューより)






 こっちはゲーム→
アニメランキング
ゆっくり実況[記憶少女] の評価wwwwwwwwwww | Home | 【MHF】一人で覇種UNKNOWNに挑んできた!【凶禍】 の評価wwwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。