スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キノの旅 the Beautiful World の評価wwwwwwww

「行こう、エルメス。人間、楽ができる場合は楽をしたほうがいい。今がまさにその時だ」

「あの師匠にして、この弟子あり……」





心に残るのは――
私達の歴史を作るのは――

いつも、いい記憶ばかり
都合の、いい記憶ばかり

-Sweet Memories vs.Sweet Memories.-



誰だって、悪いことはしない。
誰だって、何が悪いかは自分で決めている。

-We' re No Devils.-



人は、他人の残酷さにはよく気づく。

-It's Hard to say,But We Are Wrong.-



あなたが泣いたり
あなたが怒ったり
あなたが憤ったり
あなたが憎んだり
あなたが叫んだり
あなたが苦しんだり
あなたが悲しんだり
あなたが絶望したり
あなたが決意したりすることは――

あなたが正しいことの証明にはならない。

-Everybody Has the Right to Make Mistakes.-



あなたのその悲しみは やがてあなたになる

-Do You Love You?-



世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。

-The world is not beautiful. therefore,it is.-






本 ランキング
●淡々とした物語

 人間の残酷さ、愚かさなどを題材にした連作小説です。主人公はいくつもの国を、観察者として通り過ぎてゆきます。童話「星の王子様」の前半部分、「大人って変だなあ」と言いながら星々を通り過ぎてゆく部分を思い出してもらうとわかるかもしれません。
 各国の慣習によって表現される人間風刺が、作品の持ち味でしょう。着想の面白さに加えて明確なメッセージ性があり、高く評価する人がいるのもわかります。

 ただ、人によって合う合わないがありそうです。
 主人公のキノはあくまで観察者であり、他者との交流に興味がありません。主人公以外の登場人物も(おそらくは意図的に)一面的な姿に描かれています。したがって一般的な小説にあるはずの「心の触れ合い」や「成長」は起こらず、物語が発展してゆくこともありません。描かれる世界は冷たく、静止画のようです。
 クールな雰囲気を楽しむ人、物語にテーマ性を求める人に向いていると思います。感情移入して楽しみたい人、波のあるストーリー展開を求める人には、合わないでしょう。
 私自身は合いませんでした。面白いという人がいることは理解しつつ、星二つ。



●愚かしくもいとおしいロードムービー

黒い短髪。黒いジャケットに鍔と垂れの付いた帽子。腿にパースエイダー(銃器)一丁。腰に一丁。年の頃は10代前半の一見すると少年のような──キノが、口を利くモトラド(二輪車で空を飛ばない物をさす)エルメスを駆って旅をする、ロードムービー風の連作短編です。そのキノがいろいろな国を訪れ、3日だけ滞在します。
そこで起こる様々な人間模様――しかし主人公キノは決して自分から関わりません。
人間をカリチュアライズして描いた小説──と、言ってしまえばそうです。登場する人々は総じて人間の愚かさのヴァリエーションです。普通この手の話は読後感が悪くて憂鬱になったりするものです。
ですが、これほど人間の欠点を並べ立てておいてイヤミにならないのは、作者の、世界に対する『慈しみ』のようなものが感じられるから、でしょうか。愚かしさを描きながら、一度だけ通り過ぎてゆく人々の不思議ないとおしさ。それがこの小説の魅力の一つです。
キノは卓抜した銃の使い手でありますが、戦うのは自分の身を守るときだけ。正義の味方よろしく何ら利のないことで人助けなどしないのです。すがりつく人々に、実にあっさり、「すみません。それはできません」と答えるのです。そんなときキノは冷たくもなければ、申し訳なさそうでもないのです、ただ、事実を言っているだけ。
そして、撃つべきときは冷静に正確に確実に撃つのです。相手にどんな事情があろうとなかろうと。普通、知り得ないであろうことを、この作者はとても自然に、登場人物に「知らせない」のであります。考えてみれば人は相手のことを克明に知らなくたって戦えるのです。
連作短編だと次第にマンネリ化しがちだとおもうのですが、毎回「意外な結末」に持っていく手腕は大したものだと思いますし、どこまでも同じレベルの話かと油断していると突然秘密が明かされたり……この作者はストーリーテーリングにおいて名手だと思いました。

(Amazonレビューより)





この本が何故売れるか分からない。そう思う人も多いようだね。

でも、それってセンスがないよ!

私は、あの山田悠介さんが売れる理由さえ分かるもの。

だったら、キノの旅が売れない訳がないよね。
史上最恐の愚かなる家族【実況】 の評価wwwwwwwwwwww | Home | デトロイト・メタル・シティ の評価wwwwwwwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。