スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみにしか聞こえない―CALLING YOU― の評価wwwwwwwwwww

あなたはいま、いろんなことに傷ついて、さびしい思いをしているかもしれない。

肩をよせあう友だちがいなくて、
いっそ泣きたくなるくらい冷たい風の中、
たったひとりで歩いているかもしれない。






●切なさの玉手箱。

「Calling You」と「傷」は【失はれる物語】にも収録されています。
私はこちらのほうを以前読んでいたのですが、改めて好きですねぇ。
「Caling You」は現在のケータイ社会を風刺してるかのようにも取れます。
ケータイに関する何らかの悩みを抱えている人は意外に多いのではないでしょうか。
私も含め、すっかりネット人間となり、ネットでの
人間関係はリアルで身近な人間関係と大差がなくなってきている、そんな「今」だからこそ読んでほしい作品です。
今を生きる私たちなら、感情移入が楽だと思います。
「傷」は幼さ故の純粋さが胸に痛い作品。
アサト君の優しすぎるほど優しい心・・・優しい人は、同時に傷つきやすくもありますね。
その心の痛みが切なかったです。
そして今回はじめて読んだ「華歌」。
前半はおとぎ話のような癒しを与えてくれますが、後半は乙一のマジックにまんまと騙されていたことに気づくはずです。
私の場合、どこで読み間違ったのが振り返ってみてもまったくわからず・・・。ひとつのイメージだけにこだわらず、柔軟に読むのがポイントです(笑)
全体通してみても、本当に乙一にしか書けない独特の世界だな、と感心しました。
まだまだ奇想天外な発想で私たちを驚かせてほしい、今最注目の作家です。

(Amazonレビューより)








本 ランキング
低俗霊DAYDREAM の評価wwwwwwwwww | Home | ブレイドアンドソウル の評価wwwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。