スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師 の評価wwwwwwwwwwww

「………あのひとは」
「………とても、優しくて…。とても、あたたかくて、とても…強くて」
「……そして…、とても……脆い、ひとです」
「その優しさに、救われて……。あたたかさに、癒されて…強さにあこがれて……」
「‐‐‐脆さを…いとおしいと、思う」

「……彼女でなければ、だめなんです…!」




●久々に手に汗握る本

正直なところ、書店に平積みされていようがポップが踊っていようが、どうしてもイラストとタイトルになじめず、ずっと通り過ぎていたラノベでした。
が、ふとしたきっかけでこの本を読んでから、あっという間に虜に。

平安時代に安倍晴明というある意味手垢がつきまくった設定ですが、その孫と十二神将たちが織成す物語はとても面白く、
また女性作家ながらスピード感と迫力のある文章には読後に爽快感さえ覚えました。
なにより人物設定がとてもしっかりしており、また平安時代という舞台もよく研究されているようで、読み手の知識欲をくすぐる魅力もあります。
そうなると当初苦手だったイラストも素敵に見えてきて、今ではすっかりファンです。

たくさん刊行されているシリーズですが、毎回お笑いあり手に汗握るシーンありで、年齢や性別に関係なくお勧めしたい本ですね。

(Amazonレビューより)




本 ランキング


銀と金 の評価wwwwwwwwwwww | Home | そにアニ の評価wwwwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。