スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録 の評価wwwwwwwwww

歯を食いしばれよ、最強。

俺の最弱は、ちっとばっか響くぞ。


無dddd題


一言でいうなら『とても勿体無い作品』なんですよね……。
設定やキャラクター、構成やストーリーは決して悪く無いのですが、いかんせん文章力が低すぎてそれらの材料を全く調理しきれていない……。
正直に言ってしまえば、これでもプロなのかと、読んでいてイライラしました。
読み進めていると
『このシーンを書きたかった!』
『このセリフを語らせたかった!』 っていう部分はありありと伝わってきて、事実そういったシーンはとても胸に強く響いてくる……のですが、そのエネルギーが作品の隅々にまで行き届いていない。そしてそれ以上に、それを伝え切るだけの技量が無い。
加えて、西尾維新先生の『戯言シリーズ』のような作品を目指していることが『偽善使い』というフレーズを筆頭として随所に感じられるのですが、しかしこの本の時点では単なるバッドコピーでしかなく、その作風を自分のものにできていません。もっともっともっともっと書き込んで、『自分の作風』というものを確立させてから、この本を出して欲しかったと思います。
結論としては、文章力が足らなすぎる。
イラストのおかげで辛うじて命が繋がっているにすぎない。
今、この本を書き直せば、比べ物にならないぐらい良い作品になるであろうことが容易に想像できてしまうだけに、残念でならない。
五巻まで読み進めれば、まるで別人のように作品のクオリティが上がっている事実が、それを裏付けている。
うーん。本当に、勿体無い作品です…。

(Am,azonレビューより)





本当にもったいない。

超速筆だし、キャラクターも一人一人魅力的だし、主人公にも好感が持てて(説教うるさいけどw)、それにタイトルのセンスがありすぎる!!!

でも、どういう訳か作品自体は微妙で。

けれど、だからこそアニメは輝いていた。

それはやっぱりそこに光るものがあったからなんだろうね。




 
本 ランキング
【Minecraft】 策に溺れるボ○バーマンがいく[ゆっくり実況] の評価wwwwwwwwwww | Home | DEATH NOTE の評価wwwwwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。