スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のうりん の評価wwwwwwwww

アニメ
麦は踏まれるほど大きく育つ! 男も踏まれた分だけ大きくなってしまうんだ!




●コミカルながら、農業の厳しさを学べる作品。

このアニメは2014年01月に放送された、白鳥士郎さんによるライトノベルが原作の作品である。
GA文庫から現在8巻までが刊行されている(2014年1月現在)。

物語は、岐阜県立田茂農林高等学校、通称『のうりん』の生産科学科2年A組栽培専攻に所属する畑耕作が熱中しているアイドルである草壁ゆかが電撃引退を告げる所から始まる。
耕作は衝撃を受け、寮の自室に引きこもってしまう。
幼馴染みで世話焼きの中沢農、頼れる親友である過真鳥継に引かれ、教室に来ると、担任のアラフォー独身女教師・ベッキーこと戸次菜摘が転校生を連れてくる。それはゆかそっくりの木下林檎だった…という形だ。

原作が『農業系学園ラブコメディー』というジャンルだけあって、農や林檎によるラブコメや、数々のお笑い、パロディ、下ネタを含んでいる。
だが、同時に日本の農業に対する小ネタや厳しさが描かれている。
ネタに関してはベッキーのアラフォーネタがなかなかに強烈で、もし自分がアラフォーで独身だとこうなるのかというのをしみじみと感じさせられる(第8話参照)。
農業の厳しさという点では『連作障害(一つの作物を同じ場所で育てていくと次第に育たなくなる現象)』や『白絹病(土を媒介にする感染病で作物が枯れる。次の作物にも影響し、土は全て捨て作物は焼かなければならない)』など、農業はそう簡単にはいかないという事をシリアスに表現している。
それでも、耕作の言う「農業は辛いけど、作物を育てるのは理屈抜きで楽しい」や「自分が作った野菜を食べて、誰かが元気を出してくれて、そして将来凄い人になるかも知れない。そうでなくても、明日また頑張ろうと思ってくれるなら、そんな力のある野菜を作りたい(若干省略)」台詞は農業に希望が持てると言う事を実感させてくれる。

全体を通して、コミカルな部分が多いけども、それでいて農業の厳しさと楽しさを学べる良い作品かと思う。
個人的に1クールで終わってしまうのは惜しいと感じた。
この作品を見て、少しでも農業に興味を持ってくれる人が増えたら良いな、そう感じさせるアニメだ。

(Amazonレビューより)





声優に頼り、パロディを軽んじ。

未だ熟せず。




アニメランキング
ベイビーメール の評価wwwwwwwwwww | Home | マリー&ガリー の評価wwwwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。