スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 マクロスフロンティア の評価……。

アニメ
みんな 抱きしめて! 銀河の 果てまで!





さて。

久しぶりに酷評できる作品です(笑)

ネタばれがあるのと。

言葉遣いも悪いので、「続きを読む」にてどうぞ。





  
アニメランキング






この映画を作った人間は、単に金儲けだけが目当てで。

作品を創造するセンスが、まるで皆無で。

ここまでクズなら生きてる価値ねえな

と、私は思うのでございます。



才能がないならないなりに、表に出ることなく。

他人に迷惑をかけることなく。

誰も知らない場所で、ひっそりと過ごしてしればいいものを。



こうして欲を張って目立とうとするから。

しかも他人のふんどしまで使って、貶めて。

どうしてここまで人の神経を逆なでするのか。

カスは何したってカスだな。

このゴミ監督が!



と、私は徹底的に批判したかったのですが。

実はこれ、アニメ版と劇場版の監督さんは同じ河森正治様なのでございます。



……はあ。

私はこの映画を見たあと、監督が変わったのだと思いました。

それほど出来が悪いのです。

しかし、実際は同じ河森様で。

つまり、このマクロスFは原作者の手によって傑作に昇華され。

同じく原作者の手によって駄作に貶められたのでございます。



ただ、例え監督様が同じだろうと関係ございません。

私は劇場版を批判するだけの論理を持っています。

皆に愛されたマクロスFを汚したと評価できるだけの根拠がございます。

それではご説明しましょう。この映画のゴミ加減を。



はい、まず第一にこの映画。

製作者からランカへのセクハラシーンがあります。

具体的に言えば、ランカに中華マンを二個持たせ、それを見たアルトに女性の乳房を彷彿とさせるギャグ? のような場面があるのです。

冒頭に。

もうね、頭がおかしいのかと。

てめー何がしてえんだ? そのシーン本当に必要か? てか、何? おっさん、これお前の趣味? 可愛い二次元の女の子に恥ずかしいことさせるのが楽しいんだ? ふーん?

と、この場面を提案された方を呼びだして、小一時間問い詰めたい想いにかられてしまいます。

マクロスはエロゲじゃないんですよ? その場面って、いったいどこの層に向けられてお造りになられたのか差し支えなければ教えてやがって頂けないでしょうか?



更に、パッケージ。

あのセンスのなさはどこの馬の骨がデザインされやがったものなのか。

「イツワリノウタヒメ」なんて、もはやAVか? と。

銀河の歌姫が、無駄にケツ出して。アダルトコーナーに並んでいても何ら不自然のない、非常に立派な出来栄えでございますね。

ならばタイトルは、銀河の泡姫(笑)とでも致しましょうか? この野郎!

シェリルは風俗嬢じゃないんですよ、馬鹿野郎!

それに「サヨナラノツバサ」の方もよくご覧になってください。

一見、きゃりーぱみゅぱみゅのようなオシャレ感が出ていますが。

しっかりと見ると、ただごちゃごちゃしているだけで統一したテーマが見えず。「で? 結局それは何をイメージしたの?」と問い質したくなってきます。



はい、他にも。ランカの一番の見せどころであった、「星間飛行」のシーンも劣化。

というよりも映画の時間に合わせるために強引に短縮されて、感動ゼロ! 

せめてあのシーンさえしっかりしていれば評価も変わったと思いますが。



そして。


そして。


そして……。


何より、私が言いたいことは。

この映画が犯した何よりの罪は。

ダブルヒロインの否定。

これに尽きます。

映画を見れば分かるのですが。

これ、シェリルを正ヒロインにして作られております。

だから、要所要所でランカの活躍シーンは劣化しています。

シェリルばかり取り立たされ、ランカはチョイ役になっているのです(アニメ版と比べれば一目瞭然です)。



……いやね。私もどちらかと言えばシェリル派ですが。

ランカを否定しちゃあ、マクロスFが成り立たねえだろ? と。

マクロスFの最大の魅力は何だ? と。

ダブルヒロインと上質な歌だろう? と。



だって、馬鹿げているんですよ?

劇場版の最後の展開。



ちなみにアニメ版のラストは

①ラスボスを倒して。

②憧れていた本物の空をアルトが楽しそうに飛ぶのを見ながら。

③シェリルとランカがお互いにライバル宣言をする!(それは歌手の面でも、恋愛の面でも)

という素晴らしく、爽やかなものでした。



一方、劇場版は。

①ラスボスを倒す。

②どういう訳か爆発するラスボスに、意味もなくアルトが突っ込んで行き爆死?(消息不明?)

③爆死する瞬間に、突然アルトが「ランカごめん。俺、シェリルが好き」宣言。
 (これ、本当に突然です。アルトがシェリルを選ぶ明確な理由が、作品の中で出てきません)

④主人公死亡のまま、ヒロイン達も視聴者達も置いてけぼりで終わり。




……はあ?

何考えてんだよ、馬鹿野郎。

どうしてアルト死んでるの? 殺す意味が分からねえ。(消息不明だとしても)

というかどうせ死ぬのに、どうしてそこでシェリル選ぶの? 馬鹿なの?

想い人が死んで、一人残されたシェリルがどういう気持ちになるか考えないの?

お前の死に際の一言のせいで、これから一生恋人を作らないとか決意しちゃったらどうすんの?

そうなったら。

結婚もしてないのにシェリル、不幸な未亡人じゃん。

てか、そこまで好きならどうして意味もなくラスボスの爆発で自殺してんの?

せめてランカもシェリルも選べない → 主人公を殺して「ダブルヒロイン」という設定を守ろう。

って考えなら理解できるけど。

強引にシェリル選ばせて、ダブルヒロイン否定して、更に主人公殺すって。

意味不明、滅茶苦茶だろ。製作者。

お前、もしかして酔っぱらってんのか?



……もう最悪。

見てて吐き気がしたわ。

「これ、おもしれえ」って言ってた奴、何人かいたけど。

それ、アニメ版見てねえだろ。

見てねえから、怒りがわいてこないんだ。

私は怒ってるよ。だって、こんな映画作られたら。

「マクロスFって駄作だよね」って、「いいのは歌だけだよね」って。

アニメも見てねえのに言い張る奴が出てきちゃう。

あのマクロスFが見くびられちゃう。

そんなこと、絶対に許せない。



とりあえず河森さんには、もう一度冷静になってアニメ版と劇場版を見直してほしい。

そんでできればもう一度、まともな総集編作って欲しい。

というか河森監督、「地球少女アルジュナ」も作ったのか(笑)

そりゃ、訳分からん総集編も作るわw

アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- の評価…… | Home | 神々の悪戯(かみがみのあそび) の評価……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。