スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と残念な サイベリアを実況プレイ の評価ですよ

実況動画
死ぬ準備をしろ!



実況主:hacchi



やあやあ、皆様方。

実況動画を溺愛する皆様方は。

「死にゲー」と「鬼畜ゲー」の違いをご存じでございましょうか?



……え?

どちらも同じ?

どっちもたくさん死ぬゲームだろ?



いえいえ。

その面では確かに、ほとんど変わりはないのでございますが。

実は、この二つのゲームにはきちんとした「違い」がございます。



例を挙げてみましょう。

hacchiさんが実況された名作ゲー、「The Immortal」

まっくすさんが実況された傑作ゲー、「 I Wanna Be The Guy」

実況動画を愛する皆様方なら、両動画ともご存じかとは思いますが。

この二つ、どちらが「死にゲー」でどちらが「鬼畜ゲー」だと思いますか?



………………。

…………。

……はい。



「The Immortal」 = 死にゲー

「I Wanna Be The Guy」 = 鬼畜ゲー


で、ございますね。これは感覚的にもなんとなく理解して頂けると思います。



では、皆様の中に去来したその「なんとなく」。

つまり 「The Immortal」 と 「I Wanna Be The Guy」 を感覚的に分けた両者の違いとはなんなのか。

それを説明していきたいのですが。



結論から言いましょう。

「死にゲー」と「鬼畜ゲー」の明確な違い。

それは、「死亡シーンへのこだわり」です。

「死に方のバリエーション」と言い換えてもいいでしょう。



この二つのジャンルは。

どちらもクリアが非常に困難で、たくさん死ぬという意味では共通しているのでございますが。

実は、「鬼畜ゲー」の死に方はほとんどが爆発などで死に方のパターンが限定されているのに対し。

「死にゲー」の死に方は銃殺、溺死、凍死、圧死、落下死、怪物に食われる......などなど。

とてもバリエーションに富んでおります。



すると、「死にゲー」は極めてクリアが難しいゲームではありますが。

死亡シーンで、ふと笑ってしまうことが多いです。

こんな死に方があったのか、と。

意表を突かれて。あるいは。

その死亡シーンを「全部見てみたい」とコンプリートしてみたくなることも。

死にゲーには単に高難易度ゲーというだけではなく、そういった楽しみ方もあるのですね。



そう言った意味で、今回ご紹介した「サイベリア」は。

間違いなく死にゲーでございます。

よろしく、どうぞ。




実況動画ランキング
【まるで海外ドラマ】HEAVY RAIN 心の軋むとき【実況】 の評価ですよ | Home | それなり残念な ガンダム0079を実況プレイ の評価ですよ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。