スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラップラ-刃牙 の評価でしたのに……。

アニメ
哀believe





絵柄は荒々しく、幽々白書を思いださせるような。

90年代風味の濃いアニメでございます。(実際の放送は2001年なのですが)

私は好きです。こういうがさつな空気。

物語の持つ男っぽさが表れてございます。



……ただ。

製作者側の。

「センスのない改変」が酷過ぎるのでございます。

この問題はアニメ化の常でございますね。

つい先日も、原作とのギャップがえぐい作品を紹介いたしましたし。



それはさておき。

バキのアニメは「脚本」が、えらく稚拙でございます。

私は別に「徹底して原作通りに映像化しろ!」だなんて主張している人間ではございません。

むしろ面白ければ、ちゃんと原作をリスペクトしていれば。

たとえオリジナルストーリーがあっても、むしろ許せるタイプでございます。



しかし、バキの改変は見過ごせません。

セリフ回しがくそ過ぎて。

演出もかなりださいです。

特に。

地上最強の生物 範馬勇次郎

が、烈海王と初めて話すシーン。

勇次郎が握力でむりやり壁をえぐりとったり、廊下を回し蹴りで切断したりする場面は。

無駄に改変されて、迫力がございません。

漫画で読んだ際には。

「もう、この男に勝てる存在なんていないんじゃないか」

そう確信させるほど、圧倒的でございました。

それなのに。



あーあ、アニメ化する人達がもっと作品のことを愛してくれればいいのになあ。




アニメランキング
学校 の評価でしたのに……。 | Home | 【ホラーゲーム】スマホ片手に突き進め Daylight実況プレイ の評価でしたのに……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。