スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼下がりの情事 の評価でしたのに……。

映画
「女性は初恋を忘れられない」

「そうでしょうね。最初に履いたハイヒールシューズと同じ」




“少女”

という言葉がございます。


……さて。

この言葉を聞いて、あなたの頭の中に浮かんだのは。

いったいどのようなものでしょうか。



少女。たった二文字にしか過ぎない単語。

しかし、そこに秘められた意味は無限大なれば。


可憐な、綺麗な、若々しい、あどけない、細身の、べっぴんの、器量のよい、花のような。

子どもの、美しい、乙女、純粋な、幼い、人形のような、色っぽい、おっちょこちょいな。

健康な、文学的な、姿勢のよい、あるいは足元がおぼつかない。



ぱっと思いつく限りでも、これほどまでに連想が広がります。



要するに。

「言葉」というものは、思った以上に多分にイメージを含んだ存在でして。

単に「少女」と聞いて受ける感覚も、人それぞれなのでございます。



私は「少女」という言葉を聞いたとき。

とある一人の女性の姿が浮かびます。

それが。

オードリー・ヘプバーンでございます。



彼女こそが。

地上に生きる無数の人類。

つまり私達が持つ「少女」のイメージに。

最も近い存在ではないかと私は思うときがあるのです。



幕の中で動き、話し、踊り。

そうして本当に可愛らしく笑うオードリー・ヘプバーンは。

この世の誰よりも、「少女」らしく。



映画の歴史がいくら長いといえど。

彼女を越える「少女」は拝見したことがございません。



無論、この作品に比べれば。

映画の質そのものはやや落ちてしまいますが。

オードリーの魅力は少しも変わりませんので。

ぜひ、「昼下がりの情事」を一度ご覧になってみてください。

おそらく。



彼女の魅力に致命的に当てられてしまうことでしょう。




映画ランキング
北斗の拳 イチゴ味 の評価でしたのに……。 | Home | 学校 の評価でしたのに……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。