スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 の評価でした。

アニメ映画
そう囁くのよ。わたしのゴーストが。





企業のネットが星を被い

電子や光が駆け巡っても

国家や民族がなくなるほど

情報化されていない近未来――



かつて意識(ゴースト)の乗り物であった肉体を捨て。

人々は新たに。

力が強く、足が速く、痛みもなく、頑丈で。

手軽に取り換えられる。

機械じかけの義体を手に入れた。



既に、脳は。

無限に広がる電子の海と繋がり。

自身の意識(ゴースト)が。

果たして本当はどこにあるのか。

そんな葛藤に悩まされています。



いつか人間は。

魂の在り処を求めていました。

それが脳なのか、心臓なのか、肉体なのか、血液なのか。



けれども。

結局、我々は見つけていなかったのかもしれません。

考える器である脳も。

実は、単に神経細胞の集まりでしかなく。

では、細胞が魂なのか。

そこに流れる電気信号が魂なのか。

はたして。

私(ゴースト)はいったい誰なのか。



この作品とは、SFではなく。

人間の生きる道、そのもの。

あるいは哲学なのです。

さあ、新たな価値観を戴きに参りましょう。



では、どうぞよしなに。



GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊:★★★★★
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊・攻殻機動隊2.0:★★★
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D:★★★
攻殻機動隊 ARISE:★★
攻殻機動隊 新劇場版:



アニメ映画ランキングへ

鬼畜なのか鬱なのか?DEMONOPHOBIA実況 の評価ですので。 | Home | 江戸川乱歩傑作選 の評価でしたのに……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。