スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外製リョナゲー】 Another Dimension プレイ動画 【日本語字幕】 の評価ですの。

実況動画
文系死亡のお知らせ



実況主:キユカタ



少女が雷に打たれて、異次元に引きずり込まれて。

命を奪わんとする、クリーチャーやトラップや拷問機械から逃れつつ。

とある対価を支払うことで、なんとか現実世界へと帰還しようと奮闘する物語。



って、これ。

まんま、このゲームですね。

しゃがみシステムも酷似しておりますし。



一応、ストーリーのようなものはあるのですが。

おそらくネタ元?となった上記リンクのゲームに比べると。

その出来は、一枚か二枚は落ちたものになりそうです。



しかし、ただ一つ優れた点は。

主人公が痛めつけられる際の表現力。

その陰湿さは、まるでクトゥルフのようです。

ためしに、挙げますが。


アリ―は激しくもがいたが
ネバネバしたシルクの繭から逃れることは出来なかった。
暗く静かなシルクの殻の中で
彼女は自分が巣の中に運び込まれるのを
ただ感じることしかdけいなかった。
突然、鋭い痛みが彼女を貫いた。
それは彼女の逃れられない死を意味していた。
蜘蛛が彼女の眉、そして腹部……彼女の腸に穴を開けたのだ。

アリ―は耐え難い痛みの中で泣き叫ぶことも出来ず
自らの死の運命にただ静かに泣いていた。
しかし、死は訪れなかった。
蜘蛛はアリーの血液を吸い取りながら
同時に彼女の循環器に刺激性の有機化合物を注入していた。
アリ―は痛みから逃れることも
意識を失うことすらも出来なかった。

蜘蛛はアリ―の血液を吸いながら
彼女に数日間の生存に足るだけの化合物を与えた。
蜘蛛は彼女の腹部に開いた穴に直接卵を産みつけ
留まらない苦痛は彼女の精神を破壊していった。
彼女は絶望を感じながら
彼女の体内で生まれた蜘蛛たちの新しい巣が形成されるまでの
数日間という長い日々が過ぎるのを待たなければならなkった。


はい。

この文章が、実際にゲームの中で流れます。

主人公がトラップにかかる度に。

何度も、何度でも。



いかがでしょうか?

この文章を読むという目的だけでも、動画を見るに十分に足るのではないでしょうか。

では、どうぞよしなに。



実況動画ランキング
そして誰もいなくなった の評価でしたのに……。 | Home | 十角館の殺人 の評価でしたのに……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。