スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアンVSエクソシスト の評価DEATH!

ネタ映画
君の体じゃないぞ





~あらすじ~
エイリアンにアブダクト(拉致)された人々を調査していたダヴィデ教授と彼のグループ。

教授は、『エイリアンは太古の昔にやって来てそのDNAを人間に埋め込み、そのDNAが人々の無意識下でエイリアンの記憶を甦らす。』と、ある学会で発表した後、自分もエイリアンにアブダクトされたという美しい女性:サトゥルニアと出会う。

後日、ダヴィデ教授が、サトゥルニアに後退催眠をかけた所、無意識下に眠っていたヘクサボルと名乗る、強力で邪悪なパワーを持つエイリアンの魂を出現させてしまう。

ヘクサボルに支配され始めた彼女は、次第に衰弱していく。──予言書「ダニエルの70週」とヘクサボルの関連を見出したダヴィデ教授は、カトリックの司祭のすすめで、悪魔祓い(エクソシスト)で有名なプラトン神父に、サトゥルニアに取り憑いたヘクサボルの魂を追い出してもらおうとするが・・・・。





はい。

このタイトルで。



悪霊とエイリアンがドンパチする映像を頭に思いうかべた方は。

そっとブラウザの戻るボタンを押しやがってクダサイ。



この映画、そんな甘っちょろいものではアリマセン。

もう徹底的にくそ真面目。

あらすじにもアリマシタガ。

人類の文明はエイリアンによって支配されている。

その考えを、科学的な見地から解説しようとしてくるのDEATH!



でも、問題はそこでどうしてエクソシストが出てくるかデスヨネ?

頭にチップやら、DNAの操作やら。

そういった分野に、エクソシストが出られる余地はないわけデスから。

普通なら、この映画も「エイリアンVS人類」という並みのSFもので終わりそうな感じがシマス。



しかし、違うのデス。

なんとこの映画は。

エイリアンが頭にチップを埋め込んだ、だの。

DNAを操作した、だの。

それまでさんざん自分たちで科学的な説明をしてきたのに。

ヒロインの女の子からエイリアン的な存在を追い出す方法として、悪魔祓いを持ち入るのデス。



え、なんで!?

その子、頭の中にチップが埋め込まれてんじゃないの!?

その子、DNAを操作されてんじゃないの!?

仮に、悪魔祓いが成功したとして、体は元に戻らないんじゃ……?



ええい、うるさい!

そんな視聴者の疑問は一切無視なのDEATH!



いや、いちおうエイリアンは体を持たない精神体?で。

人間の肉体を乗っ取る的な説明は途中で挟まれるのデスガ。

え、じゃあチップは? DNAは? アブタクトは?

と、混乱するばかりデス。



というか、私の理解力では、この映画は手に負えませんデシタw

それでいろいろとネットを散策していると。

すごく分かりやすくこの映画を紹介しているサイトに出会いました。

なので、ぜひ↓を見やがってクダサイ。

この作品については、こちらの方がとても分かりやすく解説しておられマス。

実際に、映画を見てから読むと、あまりに的確すぎて吹き出しそうになりマス(笑)






あ、ちなみにヒロインはすごく可愛かったデスヨ(^O^)/



それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
ロリ声だけど三十路女の「ポポロクロイス物語」実況プレイ の評価DEATH! | Home | 懐ゲーを実況 BAROQUE(バロック)~歪んだ妄想~ の評価DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。