スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜 の評価DEATH!

アニメ映画
ちっ、戦闘力たったの2か

クズがっ!






~あらすじ~

悟空の父親、バーダックが。

とある事情から自身の上司であるフリーザの裏切りに気付き。

仲間にそれを伝えても、まったく信じてもらえないまま。

だから。

サイヤ人の誇りを守るために。

たった一人で。

宇宙最強の存在に最終決戦を挑む物語。





これ、正確にはアニメ映画でなく。

当時、テレビスペシャルとして放送されたオリジナルストーリーDEATH!



しかし、そのクオリティの圧倒的高さから。

当方はこの作品を「アニメ映画」に分類する所存デス。



さておき。

この作品の面白さは。

「あの“悟空の父親”のエピソードが見られる」というものに集約しているのデスガ。

実は、このバーダックは。



悟空の父親という設定がなくとも非常に魅力的な人物なんデス!



「悟空の父親がどんな奴なのか見てみたい」

この男、そんなやわな好奇心なんて通じマセン。

並みではない。

引きこまれてしまうのデス。

すなわち、バーダックの持つ残虐さに。



バーダックは。

敵を殺すこと、痛めつけることに。

なんのためらいもアリマセン。

どころか。

自らの力が強力になっていくことが。

人生の最上の喜びで。

弱い存在をひたすら嫌悪してイマス。

つまり、彼はどこまでも純粋な。

戦闘民族サイヤ人、その象徴であると言えマス。



この性格は、たとえ血を分けた自分の子どもを相手にしたときも変わらず。


↑カプセルの中に入った幼き日の悟空を目にしたとき、バーダックは。

「ちっ、戦闘力たったの2か。クズがっ!」

と、上記の台詞を言い放ったのデス。



……どうデスカ、この非道さ!

少年向けアニメの、しかも主人公の父親とは思えないほどえげつない!

ただ、ゆえに魅力がアリマス。

彼がフリーザとどのように戦ったのか。

そのときどんなことを思ったのか。

もはや「悟空の父親」という設定は薄れて。

この男自体に興味が湧いてはキマセンカ!?

それならぜひ、ごらんになってクダサイ。

この作品、お金を払ってでも見る価値がアリマス!



ちなみに、この映画には続編もあって。

こちらも興味深い仕上がりになってイマス。



それでは、かしこみかしこみ申す!



ところで、相変わらず鳥山明先生のセンスが酷いデス。

実は、このバーダック。

アニメのオリジナルキャラなのデスガ。

鳥山先生ったら、彼を原作に逆輸入して。



2014年発売のコミックス「銀河パトロールジャコ」という作品の内に収録されている。

16頁の描き下ろし読切漫画、「ドラゴンボール―(マイナス)」。

という作品において、バーダックの過去をいろいろ書いておられマス。



……しかし、酷い出来。

いや、面白くないわけでは決してないのデスガ。

バーダックの一番の持ち味である非情さが影も形もアリマセン。



ああ、本当に鳥山先生はそういうセンスがないのデスネ。(=一人では自分のセンスを生かせない)

信じたくないデスガ。

このバーダックに対してリスペクトがない過去話を見せられれば。

もう納得せざるをえマセン。


↑だって、これは酷過ぎマス(/_;)!



バーダックのよさを全く理解せず、考えず。

ただ、都合のいい家族愛を描いたようにしか思えマセン。

というか、鳥山先生この過去話を描くに当たって。

あんまりバーダックのことを調べていないのではアリマセンカ。

たしか、ご自身で生み出された桃白白というキャラクターのことをも忘れていたという話を聞いたことがアリマスシ。

うーん、悲しいデス……。


ドラゴンボールZ 神と神 の評価DEATH! | Home | ドラゴンボールZ『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』 の評価DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。