スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックホーク・ダウン の紹介DEATH!

映画
「また、戻るのか」

「まだ残ってる奴らがいるからな」






~あらすじ~

 1993年、国際世論におされた米軍は、民族紛争の続くソマリアへ派兵。内戦を終結させようと、最大勢力ババルギディル族を率いて和平に反対するアイディード将軍の副官2名を捕らえるため、約100名の特殊部隊を首都モガディシュへ強襲させた。

 当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが、作戦の開始直後にアイディード将軍派の民兵の攻撃により、2機のヘリコプター、UH-60 ブラックホークがRPG-7によって撃墜されてしまう。

 敵地の中心へ仲間たちの救出に向かう兵士らは、泥沼の市街戦に突入していく。






とにかくアメリカがぼっこぼこにやられる映画デス。

※出血注意






泥沼化したソマリア内戦。

アメリカ軍は100名の特殊部隊を派遣。

しかし、30分程度で終わるはずだったその作戦は。

最終的に2機のヘリコプターを失い。

特殊部隊にも多くの死者を出す。

悲惨な結果を生み出した。



それにしても、絶望的。

とくに作戦が長引いて。

町の民衆が武器を手に押し寄せてくるところなど。

もう、どうにもならない感がすごいデス。

789題

-97p;題

↑アメリカ兵士の死体が裸にされ。

まるで、みこしのようにかつぎ上げられてイマス。

ゾンビよりよっぽど恐ろしいデス。



すごいのは、本当にほぼほぼ戦闘シーンだけで2時間あまりを描ききったことデスネ。

しかも途中でくどかったり、退屈させたりすることなく。



……まあ、でも。

現実の作戦では、アメリカ軍の死者は18名。

対して、ソマリアの兵士と民衆は350名以上が死んでイマス。

こんだけぼこぼこにされても、やっぱりアメリカは強いんデスネ。





それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
リンダリンダリンダ の紹介DEATH! | Home | ラッシュアワー3 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。