スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄 の紹介DEATH!

映画
人間はいつか死なねばならない。





~あらすじ~

 仏教系の大学に通う清水四郎は、恩師の矢島教授の下で彼の一人娘の幸子と婚約していたが、謎めいた笑みを浮かべる同窓の田村がしつこくつきまとってくるため、彼の誘惑から逃れようとして逆に次々と罪を重ねていく。まもなく、幸子を自動車事故で亡くしてしまった四郎は実家へ戻るが、そこに住む画家の谷口円斎の娘で幸子にそっくりなサチ子と恋に落ちる。しかし、田村に加えて四郎に轢き逃げされたヤクザの志賀恭一の情婦が復讐しようと後を追ってきたため、四郎は吊り橋でもみ合っているうちに2人を殺害してしまう。

 その晩、四郎の父の剛造が経営する老人ホーム「天上園」の創立十周年記念パーティーでは集団食中毒が発生し、入所老人たちが全員死亡。更に復讐にやってきた志賀の母が酒に毒を盛ったことで、四郎も剛造もすべての人間が悶死する。死の間際、地獄へ落ちる幻想を見た四郎は、そこで会った幸子の霊から彼女が四郎の子を身ごもっていたことや、その子も水子になって地獄へ落ちていることを告げられる。四郎は我が子を見つけるべく、八大地獄の修羅場をさまようのだった。





「悪いことをすれば人間は地獄に落ちる」

我々が1度は耳にした言葉デス。



いやはや恐ろしい。

このうつし世で、いったい何が罪となるのか。

そして、その罪には。

どのような厳しい罰が待っているのか。



その恐怖を具体化してくれるのが、この映画。

――「地獄」。

fasマロ3

dロ3






なのデスガ、しかし。

この映画の前半はわりと退屈デス。

なぜなら主人公が地獄に落ちるのは後半。

それまではずっと。

罪の意識にさいなまれたり、行く先々でなんとなく人が死んだりを繰り返しマス。

(後半も後半で退屈なのは秘密デス)





このなんとなく死んだりが、本当に奇妙デシタ。

まるで主人公に呪いがかかっているかのように。

医者の誤診で人が死んだり、不注意で人が橋から落ちたり。

いや、これもうなんなんデショウ。

地獄に対する恐ろしさとかそれ以前に。

すごく不思議な映画デシタ。





それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
バーバレラ  の紹介DEATH! | Home | ハンバーガー・ヒル の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。