スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな悪の華 の紹介DEATH!

映画
地獄でも、天国でもいい、未知の世界が見たいの! 悪の楽しさにしびれ 罪を生きがいにし 15才の少女ふたりは 身体に火をつけた





~あらすじ~

15歳の少女、黒髪のアンヌとブロンドのロールが主人公。寄宿学校に通う二人はバカンスを利用し、盗みや放火、また牧童を誘惑したり庭番の小鳥を殺害したり、悪魔崇拝儀式を取り行うなどの残酷な行為を繰り返していた。やがて二人の行為はエスカレートし、死の危険を孕んだ破滅的な終局へ向かっていく。





うーむ。

見てはいけないものをのぞいたり。

入ってはいけない場所に足を踏み入れたり。

破ってはいけないルールを破ったときにだけ。

そっと感じることのできる。

どこまでも甘い、罪悪感。



彼女らはそれを求め。

むさぼっていく。

溶けあい、まざりあいながら。

そして、堕ちていくのだ。

二人っきりで。



とても、いい題材デス。

みな様もいちどはあるデショウ。

たとえば、父や母に隠れて。

こっそり壁にいたずら描きをしたことなど。



もし、見つかったら怒られる。

それもこっぴどく。

なのに、今は。

“イケないことをしている”

その興奮が、不安に勝る。

いや、その不安すらも心地がいい。



ただし、映画の内容が少々エロティックw



少女がはしたなくスカートを上げて、男を誘ったり。





もう、これはダメデショウ(笑)

そんな、いたずらをしたりシマス。




それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
魔女の宅急便 の紹介DEATH! | Home | コントロール APS-64 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。