スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミリー・ローズ の紹介DEATH!

実況動画
‟悪魔祓いをした” と被告人は主張しています。

我々はこの行為こそが被害者を――死に至らしめたことを証明します。






~あらすじ~

 何一つ不自由のない暮らしで、奨学金も給付され大学に進学。その後も安定した生活を送っていた19歳のエミリー・ローズはある日の晩、大学寮で眠っていたところ奇妙な現象に襲われる。真夜中の午前3時、焦げ臭い匂いで目を覚ました彼女は突如として何かに押さえつけられるようにしてもがき苦しみだしたのだ。
 その後、彼女には幻覚、幻聴が起こるようになる。そして遂には発狂してしまう。医学的治療を行なっても治る兆しを一向に見せない彼女は、それらを悪魔の仕業だと確信。地元の地区神父であるムーア神父に助けを求める。神父も事態を重く見て彼女を救うべく、祈りによって悪魔との対決を試みた。しかし結果は失敗。エミリーは死亡してしまう。
悪魔の存在は信じられることなく、エミリーの死亡はムーア神父によるものと疑いをかけられてしまい、神父は裁判で裁かれることになる。弁護士のエリンはそんなムーア神父を救うべく奔走する…。






エミリー・ローズ役の方。



演技が絶品デス!



なんとなく顔が縦に長かったりして。

ちょっと主役?らしからないなあという印象が。

一瞬でふっとんでしまうほど。

悪魔にとり憑かれた際の

表情の豊かさ。

そして、おどろおどろしさ


は、素晴らしいデス。



さておき、すごく「おしい」映画デス……。

「悪魔祓いで少女を死なた神父を裁判にかける」という。

ほかにはない斬新さを感じさせるこの映画。

肝心の悪魔祓いのシーンは。

不気味かつ迫力もあり。

言うことなし、なのデスガ。

もうひとつの重要な要素である裁判が……その、なんとも。



神父側についてくれる弁護士が頼りないのデス。

設定的には、切れ者であるはずなのに。

その論理があまりに弱い。

もちろん「悪魔祓い」という、カルト的な内容を弁護するのが。

非常に難しいことは百も承知なのデスガ。

あれでは、まるで懇願デス。

「納得のいく説明はできませんが、どうか分かって欲しい……っ」

と、言っているようなものデス。

ひたすら論理的で、理屈に忠実であることが求められる弁護士が。

要領を得ない子どものよう。

だから、オチに納得ができず。

映画を見終わったあと、心にしこりが残ってしまう。



ところで。

この作品は、事実を元にしてイマス。

そちらの画像や動画などを検索すると。

彼女がかなり酷い状態であったことがわかりマスネ。




それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
ミツバチのささやき の紹介DEATH! | Home | 汚れた血 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。