スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実況】作家が強すぎて怖くないALAN_WAKE の紹介DEATH!

実況動画
ああ、頭が痛くなってきた。

いや、これも痛いのはお前の頭か?




実況:ガッチマン




~あらすじ~

「彼は何も知らなかったのだ」

 自分が書いた小説の登場人物に命を狙われるという悪夢の中で、眩い光と共に何者かがそう告げていた……。
全米を代表するベストセラー作家アラン・ウェイクは深刻なスランプから脱出するため妻のアリスと共に住まいのニューヨークを離れ、大西洋沿岸部に位置する田舎町『ブライトフォールズ』を訪れた。広大な森林に囲まれ、穏やかな湖と灯台を擁する美しい景観はアランの苦悩を和らげるものであったがそれでも筆を進めるまでには至らず、宿泊先であるコールドロンレイク中央部のダイバー島に建てられたキャビンでタイプライターを持ってきたアリスと喧嘩してしまう。
 アランがたまらずにキャビンを出た直後、悲鳴と共にアリスが湖へと落ちていった。救助のためアランは湖へ飛び込み、直後に大破した車の中で目を覚ました。何が起こったのか理解できず、だがそれでも妻の安否を確かめようと夜に覆われた森の中をキャビン目指して走るアランは悪夢の中でも登場した『闇』を纏う多数の何者かに襲撃される。銃を撃ってもびくともしない敵に追い詰められたアランだったが、夢の中で聞いた声に従いライトの光を当てると闇が取り払われ、そこへ銃弾を打ち込むことでようやく敵を撃退する事に成功した。
 目的地へ向かう中、アランは散乱したコピー用紙を発見する。用紙にはどういうわけかアランが次作として構想していた作品のタイトルが書かれていた、その後も至る箇所で小説の一文が書かれたコピー用紙が発見され、アランはそれが自分の身に今起こっている出来事を正確に描写した文章である事に気が付いた───。






自分が書いた小説の登場人物に命を狙われる。

ありそうでなかった設定デス。



当方が、幼いころに読んだ怪談本には。

目が潰れ、片足を引きちぎられた化け物の落書き。

それをなんとなく書いた子どものもとに。

「こんな酷い姿にしやがって」

「苦しい」

「痛い」

と、化け物が復讐しにくる話がアリマシタ。



さておき、主人公のアランは。



ライトの明かりなどを使って、敵を倒しマス。

敵は闇に包まれていて。

そのままでは銃弾が効かないのデス。



また、チャプターの最初には。

無fsda題

毎回、あらすじが入りマスw

「バイオハザード リベレーションズ」みたいデスネ。

海外ドラマが好きな方にはたまらない演出ではないデショウカ。



ちなみに、当方は。

このゲームが個人的に、そんなに好きではアリマセン。

理由はおそらく敵との戦闘がめんどうだから。

「アランウエイク」は。

基本的に、うじゃうじゃと出てくる代わり映えのない雑魚敵を。

「ライトで照らす」→「銃で撃つ」。

のように作業的に倒してイキマス。



こちらのように、見た目がグロテスクな敵とかがたまに出てきたり。

あるいは、どんどん新しい武器が追加されたりするなら。

興味は薄れマセンガ。

それもないので、「アランウエイク」はちょっと苦手デス。



しかし、それも本編での話。

実は、本編のあとの「追加DLC」では、戦闘が格段に面白くなりマスw

当方のような感想をお持ちになった方は、ぜひそちらをごらんになってクダサイ。



それでは、かしこみかしこみ申す!


実況動画ランキング
オタサーの姫になってオタクを魅了する【実況】 の紹介DEATH! | Home | ミツバチのささやき の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。