スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチ・コネクション の紹介DEATH!

実況動画
「……君次第だ」

「あんた次第でもあるんだぜ?」


ダウンロード



~あらすじ~

 ニューヨーク市警察本部薬物対策課で“ポパイ”とアダ名されるドイル刑事。彼は薬物捜査のベテランだが、捜査のためならば強引な手法も厭わない。
 麻薬の売人を逮捕したある夜、ドイルは相棒のルソーと共にナイトクラブ「コパカバーナ」に飲みに出かける。そこには有力マフィアの組長たちが妻同伴で来店していた。その際、組長夫妻たちと共にテーブルを囲み、札びらを切っている若い夫婦がいた。不審に思ったドイルとラソーは、その夫婦を捜査する。
 夫婦は、表向きはブルックリンでデリカテッセンを営んでいるが、夫のサル・ボカは強盗事件などで何度か捜査対象になるなど、犯罪やマフィアに近いところにいた。工員、郵便配達人などに偽変しながら夫婦を視察下に置くドイルとルソー。すると、夫のサル・ボカがニューヨークの麻薬取引の元締めで大物マフィア・ワインストックの舎弟であることが判明した。また、サルは近いうちにフランスとのヘロインの大口取引を任されるという。
 財務省麻薬取締部の捜査官たちと捜査を進めると、マルセイユの黒幕のアラン・シャルニエがニューヨークを訪れていることが判明する。シャルニエを執拗に追及するドイル。シャルニエはこれ以上追及の手が迫ることを恐れ、殺し屋ニコリをドイルのもとへ差し向ける。






いやー、カッコイイ!

何がカッコイイって、映画のもう「全て」デス。

ストーリー、脚本、演出、カメラのアングル。

どこにも文句がつけられマセン。




ダウンロード

主人公のドイル、すごく荒々しく。

刑事というよりはもはやヤクザw

いろんな人に怒鳴り散らし。

通りすがりの人から借りた車で、大迫力のカーチェイス!





……いや、もう「圧倒」デス。

車が走るシーンだけで、これだけ長い尺を取って。

爆発もなしにドキドキとさせる。

映画を撮る「技術」。

それが“これ”なんだと納得させられてしまいマス。



そして、敵の黒幕アラン・シャルニエ。

無題rqew

このたった1枚の画像だけで。

そこに確かに「いる」という存在感。

大物だけが持つ余裕が伝わってキマス。



実際、彼の登場シーンはそこまで多いわけではないのに。

むしろ物足りないくらいなのに。

こいつだけは絶対に追い詰めなければならない。

そう、感じさせるところがすごいのデス。








それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
キスしようとしたらオッサンが邪魔する【バカゲー実況】 の紹介DEATH! | Home | 全力で勉強をサボる【バカゲー実況】 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。