スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルサの女 の紹介DEATH!

映画
嘘泣きで100万でも200万でも助かるなら、いくらでも泣いてやる……!







~あらすじ~

港町税務署のやり手調査官・板倉亮子は、管内のパチンコ店の所得隠しを発見したり、老夫婦の経営する食品スーパーの売上計上漏れを指摘するなど、地味な仕事を続けている。そんなある日、実業家・権藤英樹の経営するラブホテルに脱税のにおいを感じ、調査を行うが、強制調査権限のない税務署の業務の限界もあり、巧妙に仕組まれた権藤の脱税を暴くことができずにいた。

そんな中、亮子は強制調査権限を持つ国税局査察官(通称「マルサ」)に抜擢される。着任早々に功績をあげ、やがて仲間からの信頼も得るようになった亮子。ある日、権藤に捨てられた愛人・剣持和江からマルサに密告の電話が入る。亮子は税務署員時代から目をつけていた権藤の調査を自ら進んで引き受ける。亮子の努力が実を結び、権藤に対する本格的な内偵調査が始まる事になった。暴力団、政治家、銀行がからんだ大型脱税との戦いが始まった。






この作品、主人公の気の強さがすばらしいデス。





たとえば、ヤクザが拡声器を持って。

事務所に抗議しにきたときも。

rq題



主人公「警察を呼びましょう!」

上司「そうはいかないよ! 乱暴するとか、物を壊すとかしない限り……」

主人公「物を壊せばいいんですね?」

上司「……」



主人公「コーヒーカップ!」



と、いきなりやくざにコーヒーを差し出し。

そしてうまい具合に相手をあおって。

コーヒーカップを投げさせれば。

dsd

「110番してください! 器物破損の現行犯です!」

そう、まくし立てる。

いやはや、命知らずデスw



そして。

ストーリーもやっぱり面白い。

本当に邦画というのは。

どうして昔の作品の方が際立っているのか。



……いえ、それは言いっこなしデスネ。

洋画だって過去の作品は素晴らしい。

                                                                                                                                                                                                                             



それでは、かしこみかしこみ申す!


映画ランキング
トリコロール/白の愛 の紹介DEATH! | Home | ブラッド・シンプル の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。