スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足摺り水族館 の紹介DEATH!

不思議系
舶来から宇宙まで




~あらすじ?~

単行本「足摺り水族館」は、2010年と2011年にそれぞれ私家版として発行された「足摺り水族館」及び「ASOVACE」という本をもとに、一般流通向けに再編集したものです。「ASOVACE」はpanpanyaがそれまでに描いた短編漫画作品を一冊に纏めたもので、総ページ数300ページ以上を藁半紙にコピー、和綴じで自家製本されています。また私家版「足摺り水族館」は「一冊の本をして水族館感を体現させる」というコンセプトのもと制作され、これもひとつひとつ表紙を特殊加工し、手作りしています。
今回作品を纏め直すにあたり、他の漫画短編作品と性格の異なる「足摺り水族館」をどう扱い、作品集に統合するかという点で特に難儀しました。最終的に「足摺り水族館」を核とし、その一冊の作品の中に各短編を織り込むという考え方でpanpanya自ら設計編集することで「足摺り水族館」の意趣を損なわず統合し作品集とすることに成功しています。

今回発行される単行本版「足摺り水族館」では活動初期からのpanpanyaの漫画作品を集成するとともに、一冊の本を固有の作品として製本し発行するpanpanyaの活動を、より広く手軽な量産品の形態に落とし込んで紹介するものです。






どうして、こんなにも心が休まるのデショウ。

ダウンロード


どうして、こんなにも心が惹きつけられるのデショウ。




そして、どうして。

こんなにも心が切なくしめつけられるのデショウ。





分かりマセン。

分かりマセンガ。

きっと、この作品は。

私たちが、いつしか忘れてシマッタ。

どこかに置いてきてシマッタ。

大切な何か、なのデス。





それでは、かしこみかしこみ申す!


漫画ランキング
【閲覧注意】呪われたマリオブラザーズをゆっくり実況プレイ 【Mario.exe】 の紹介DEATH! | Home | 九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。