スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトラー 〜最期の12日間〜 の紹介DEATH!

映画
少々ミスしてもいい。 私自身よく間違う。




~あらすじ~

1942年12月、トラウドゥル・ユンゲは総統大本営ヴォルフスシャンツェを訪れ、ドイツ総統ヒトラーの秘書採用試験を受ける。ヒトラーはトラウドゥルがナチス結成の地ミュンヘン出身だと知り彼女に興味を持ち、秘書として採用する。

1945年4月20日、トラウドゥルはゲルダたち総統地下壕の同僚と共にヒトラーの誕生日の準備を進めていた。ソ連軍は既にベルリン近郊に迫っており、ドイツの敗北は時間の問題となっていた。各地からナチスの高官たちが集まり誕生日が開催されたが、ゲーリングやヒムラーたちは口々にベルリン脱出をヒトラーに進言するが、ヒトラーは頑なにベルリン脱出を拒否した。ヒトラーは高官たちに各地の防衛指揮を任せ、誕生日は終了した。ソ連軍に対処するための作戦会議が開かれ、ヒトラーは周辺に駐屯する部隊に攻撃を命令するが、ヨードルやブルクドルフら将軍たちから「部隊の消耗が激しく、攻撃は不可能」と指摘され激怒し、自殺を口にし会議を終了させる。ヒトラーはトラウドゥルたちに地下壕から退避するように指示するが、彼女たちは退避を拒み地下壕に残った。




サブタイトルに「最期の12日間」とアリマスガ。

たった12日とは思えないほど。

濃厚な仕上がりになってイマス!



ただの狂気ではアリマセン。

我々が学んだナチスは。

ヒトラーは。

我々と同じ人間デシタ。



追い詰められれば、あせり。

諦めれば、狂い。

誰かを愛し。

何かを信望せずにはいられない。

そんなごく普通の。

理解も、需要もできる。

我々と同じ種族なのデス。







――否。

ひょっとすると。

我々が、日本人だから理解できるのかもしれマセン。



規律を重んじ。

使命を重んじ。

それは、自らの生命よりも優先される。

この感覚は、危険だと知っていても。

理解ができるのデス。

いえ、心地良いとさえ感じてしまうのデス。






それでは、かしこみかしこみ申す!

アンデスの聖餐 | Home | ハードキャンディ の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。