スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな唇 の紹介DEATH!

ラブストーリー映画
「どうして誕生日が分かったの?」

「君の瞳に書いてあった」




~あらすじ~

第一次大戦から5年が経過したドイツの保養地に戦傷で性的不能となった作家が帰って来る。彼はそこで驚くべき美少女と出会い、まだ幼い彼女にのめりこんで行く。



どのような映画であっても。

分け隔てなく接せなくてはなりマセン。

たとえば、多くの人が嫌悪感を抱く作品に対して。

「評価しづらいデス」

などと、お茶を濁していては。

それはまったくフェアではありマセン。

しかし、なるべく淡々と書きマショウ。



この映画には、「小児性愛」の描写が含まれマス。

なので少女の肌や。

そして、裸体が映像で出てきマス。



この作品が。

ポルノではなく、映画として成立している理由は。

男性が性的不能であるから。

なおかつ。

エヴァが美しく、妖艶だから。

たとえば肌を露出するシーンで。

水をしたたらせ、反射する光をぼやけさせ。

まるで、夢の中にいるような。

危うい魅力を演出シマス。



すなわち。

どれほど惹きこまれたとしても。

いかに恋焦がれたとしても。

決して、触れてはならない禁断の果実。

それがこの映画のテーマであり、本質なのデショウ。




それでは、かしこみかしこみ申す!


 ←内容に改変があるようデス。
          詳しくはレビューをご覧クダサイ。
シグルイ の紹介DEATH! | Home | 銃夢 の紹介DEATH!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。