スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップス先生さようなら の紹介デス!

映画
子どもは大勢いたよ。

何千人もね。



~あらすじ~

1928年のイギリス。83歳のチッピングは15年も前にパブリックスクールの教師を退職しているが、始業式に出席しようとしたところ、風邪のために家で安静にしているように医師から忠告される。「君が寮母だった頃は生徒が飢えていた」と下宿先のウィケット夫人をからかうが、彼女からは「それは大昔の話です。今とは時代が違いますから」と返される。夕暮れ時、暖炉の前で暖まりながら、過ぎ去りし日々が脳裏に去来する。彼の回想シーン(英語版)は教師生活をスタートさせた1870年から開始される。




……心、揺さぶられマス。



学校に赴任したばかりの。

若い、チッピング先生は。

まだ勝手が分からず。

周りと対立してばかり。

無fasd題 

子どもたちにも、嫌われてシマイマス。



しかし。

その熱心さは、誠実さは。

いつしかユーモアと共に受け入れられていくのデス。

fsadsd題 

↑これが初めて授業でジョークを言って。

子どもたちを笑わせたときの顔。

ああ、なんて可愛らしい笑顔デショウ。



そして、すさまじいのは。

老いも若きも、1人で演じきる。

ロバート・ドーナット様の演技力!

afsddsd題

このおじいさんも、最初の若い先生も。

全て単独で演じられてイマス。



さておき、この作品は。

子どもの小憎らしさ、一筋縄ではいかなさ。

教えることの難しさ。

そして。

それらが、ほんの少しの工夫で変わっていく楽しさ。

――に、あふれてイマス。



さまざまな困難がアリマシタ。

悲しみが、アリマシタ。

でも、チップス先生は。

たしかに幸せだった。

当方はそう信じてイマス。




それでは、かしこみかしこみ申す!

 
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア の紹介デス! | Home | ムーンライトシンドローム の紹介デス!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。