スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】ダイレクトマーケティングで行くBioshock Infinite【ゆっくり】 の紹介デス!

実況動画
俺は君が恐ろしいよ……


実況主:頭に矢の人


~あらすじ~

舞台は1912年。
凄惨な過去と借金を背負い荒れ果てていた男、ブッカー・デュイット。
ある男から「少女を連れ戻せば借金を帳消しにする」という依頼を受けた彼は、遥か大空に浮かぶ天空独立都市・コロンビアを訪れる。
コロンビアの支配者である「預言者」カムストックから「偽りの羊飼い」呼ばわりされ、警察に追い回されるブッカーは、奇妙な塔の内部で不可思議な力を持つ少女、エリザベスと出会った。
コロンビアとは?カムストックはなぜ自分とエリザベスを狙うのか?エリザベスの持つ謎の力「ティア」とは?
全てに翻弄されながらも、ブッカーはエリザベスを連れてコロンビアからの脱出を図る。




すごい!

すごいデス、このゲーム!

1作目2作目――と。

シリーズを通して拝見してキマシタガ。

今作(3作目)が。



いちばん面白いかもシレマセン!



理由は、明快。

この「BIO SHOCK」シリーズは。

基本的に、主人公以外の登場人物の露出が少なく。

ほとんど声だけで済ましてシマウタメニ。

どうにもストーリーが追いづらいのデス。

(登場人物同士の会話が少なく、一人一人が勝手に通信機器などで主人公へ主張するばかり。

となると、何が正しいのか誰が嘘をついているのか。本質的に確かめる手段がなくなってややこしいのデス)



しかも、1作目と2作目ともに。

主人公が無口デシタノデ。

いったい今、主人公は何を目的にしているのか分かりづらいという点もアリマシタ。



ただ、今作は。

主人公が結構しゃべってくれマス!

加えて最初の行動理由が、「自分の借金のために少女を救出する」ということで。

目的も、はなはだ明らかデス!



そして、ヒロインもいるのデス!

images (1)

あ、あれ?

あまり可愛くない……。

なんて、思った方も安心してクダサイ。

彼女が微妙に思えるのは、きっと最初だけ。



いわゆる「守られるだけのヒロイン」と違って。

彼女は、あらゆる面で有能デス。

正直言って。

彼女がいなければ。

このインフィニットの世界で生き残ることは不可能!

(驚くほど頼れる相棒デス!)





……それに。

やっぱり非常に可愛いのデス、彼女って。

性格が本当に魅力的で。



ああ、女性って。

容姿だけでは決まらないんだな、と。

すぐにそう思わせてくれマス。



第一作の。

「プレイヤーに対する最大の侮辱」

の、衝撃を越える事は今後も決してないデショウガ。



――それでもなお。

今回の「Bioshock Infinite」は。

もはや完成された物語と言っていいほど。

実に、作りこまれた作品デシタ。



ちなみに「BIO SHOCK」シリーズは。

一つ一つがほとんど独立した物語デスノデ。

どの作品から見ても問題ないデスヨ。





それでは、かしこみかしこみ申す!
 
   
ブレア・ウィッチ・プロジェクト の紹介デス! | Home | 「BioShock2」ドリルプレイ の紹介デス!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。