スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[LOVE&DESTROY]愛と破壊の狭間に・・・[実況プレイ] の紹介デス!

実況動画
あとは彼の心次第。



実況主:Fate



~あらすじ~

夏。いつもと変わりない、見慣れた街並みが広がっていた。突如、上空に正体不明の物体が現れ、町を破壊し始めた。その物体は破壊エネルギーや武器による被ダメージをも吸収し、それらを餌に分裂増殖していった。

数ヵ月後。物体は地表に降り、活動を停止しただった。その破壊物体はジャムと呼ばれ、人々は人類の終末を予感した。

一年後。ドーム状のフィールドにつつまれた。「何か」が現れたと同時に、活動停止していたジャムが破壊活動を再開した。ジャムは地表を破壊し、現れた「何か」に破壊エネルギーを送り続けた。

二十年後。ジャム対抗組織が編成され、次のような研究報告書が発表された。『ジャムは鬱積した人類のストレスエネルギーが実体化し、破壊によって生じるエネルギーを吸収することで、巨大化と増殖を繰り返す物体である。ジャムをデリートするにはS.E.E.D.(シード=Synchronized Energy of Emotive Dynamics)「人間がたがいを思いやる気持ち」を物質化したエネルギー照射が効果的である』

十数年後。ジャムのデリート手段を得た組織によってS.E.E.D.チャージ用ナビゲーター少女Q-TRON(キュートロン)が開発された。Q-TRONはマスターと呼ばれるパイロット適格者と共にS.E.E.D.を育み、蓄積されたS.E.E.D.をバトルポッドの攻撃エネルギーに変換する機能を持っている。S.E.E.D.によって起動するバトルポッドが、対ジャム用の最終兵器となった。

この時より、対抗手段を持った人類と、ジャムとの戦いが開始された。






あの、桂正和先生が。

キャラデザインをされたゲームなのデス。


うんうん、どの登場人物も愛くるしいデス。



……それで。

これが、いったいどのようなゲームかといいマスと。

誤解を恐れずに言うなら。

恋愛ロボットアクションゲーなのデス。




え?

そんなジャンル聞いた事もない。

悪い冗談だろう、デスカ?



いえいえ、そうではないのデス。

これは嘘でも、冗談でもなく。

実際に存在するんデス。

恋愛ロボットアクションゲーがw



まあ、具体的なことを話せば。

3人のナビゲーションキャラから、1人を選んで。

ロボット初心者の主人公は。

操縦を助けてもらう、というのゲーム内の設定デス。




そして、その3人というのがこちら。

 

 


うんうん、1人1人個性があって素晴らしいデス。

ちょっとlainのペルソナに似てマスネ。




また、プレイ中は。

選んだ女の子が積極的にプレイヤーに話しかけてきて。

それに対応することで、高感度を上昇させるシステムなどもあるそうデス。



ちなみに選んだ女の子で。

操縦するロボットの形態が違ったり。

敵から攻撃されると。

女の子が「きゃあっ」と反応したり、と。

結構、凝ったつくりをしたゲームなのデス。



まあ、でも。

そんなことより、当方が気になるのは。


敵が気色悪すぎることデスカネ(笑)





それでは、かしこみかしこみ申す!

 
スライムもりもりDQ 全くわからないけど実況してみる の紹介デス! | Home | Half-Life Afraid of Monsters Director's Cut

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。